国内クラウド基盤サービス市場、2018年は3200億円に――既存システムのクラウド移行が牽引 矢野経済研究所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラウド基盤サービス(IaaS/PaaS)市場規模推移と予測

矢野経済研究所は2019年4月8日、国内クラウド基盤(IaaS/PaaS)サービスの市場調査結果を発表した。

同調査によると、2018年の国内クラウド基盤サービス市場規模は、前年比133.3%の3200億円になると推計される。年商数百億円以下の中堅、中小企業においてもクラウド基盤サービスの利用が一般的となっており、また、パブリッククラウドやプライベートクラウド、オンプレミスなどの環境を状況や目的によって使い分けるハイブリッドクラウドの利用も増加傾向にあるという。

デジタルトランスフォーメーション(DX)の基盤としてのクラウド基盤サービスの活用は、期待されたほど進まず、依然2018年はPoC(概念実証)が中心だった。しかし2018年下期には実務に実装される可能性が出始めてきており、DXおよびPaaSが2019年の市場拡大の要因の1つになると考えられるという。

今後、市場に与える影響として考えてられているのが、基幹系システムのクラウド移行と、大手ERPソリューションの2025年の保守サポート切れだ。2000社以上導入していると見られる従来の同ERPから新バージョンを、クラウド上に構築することを検討しているユーザーがおり、また基幹系システムのクラウド移行事例も増加傾向にある。このような事象が今後の市場拡大要因になると考えられるという。

これらの要因により2019年の市場規模予測は4200億円、2022年には、2016年からのCAGR(年平均成長率)29.3%の成長率となり、8400億円の市場規模になると予測している。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る