ハイブリッドとピュアEVの両走行が可能――ボルグワーナー、ハイブリッド車向け「P2モジュール」を提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米ボルグワーナーは2018年1月25日、ハイブリッド車(HEV)向け「P2モジュール」を提供すると発表した。ハイブリッドとピュアEVの両走行が可能で、従来のストロングハイブリッドだけでなく、48V電源を使用するマイルドハイブリッドにも有効としている。

内燃機関とトランスミッションの間に配置するこのP2モジュールは、高効率電気トラクションモーター、パワーエレクトロニクス、エンジンディスコネクトクラッチ、クラッチ制御モジュール、デュアルマスフライホイールを小型パッケージにまとめている。多様なハイブリッド化に対応するために、オンアクシス(同軸)とオフアクシス(オフセット)の2種類の設計方法で開発した。

マニュアル、オートマティック、デュアルクラッチトランスミッションと互換性があり、スペースの限られた最新のドライブトレインパッケージにも対応可能だ。さまざまなギア比への対応やACコンプレッサーなど他のチェーン駆動部品の追加なども可能で、他のハイブリッド構造より少ない追加コストでCO2排出量の大幅な削減に貢献するとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る