トヨタ、カムリを一部改良。スポーティな新グレード「WS」も発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2.5Lダイナミックフォースエンジン×ハイブリッドシステムTHSⅡ

トヨタ自動車は2018年8月1日、カムリを一部改良するとともに、新グレード「WS」を設定し発売すると発表した。

WS“レザーパッケージ”<オプション装着車>

新たに設定された「WS」は”Worldwide&Sporty”の略。スポーティなデザインと上質感を両立させたグレードだという。低重心のワイドボディにスポーティなパーツを装着し、フロントグリル、リヤスポイラーなどスポーティタイプの外装装備をはじめ、ブラック塗装の18インチアルミホイール、左側2本出しのマフラーカッターを設定するなど、新たなデザインを採用している。

エンジン/ハイブリッドシステムには、引き続き2.5L直列4気筒の「A25A-FXS 2.5Lダイナミックフォースエンジン」と、ハイブリッドシステム「THSⅡ」を搭載し、28.4km/Lの低燃費と優れた動力性能を可能にしている。WSではさらに、より応答性の高い操舵フィーリングとフラットな走りを追求し、サスペンションチューニングを行っている。

また一部改良では、オート電動格納式ドアミラー、インテリジェントクリアランスソナー(低速取り回し時の衝突を回避/被害低減するシステム)を標準装備(Xではオプション設定)。さらにナビゲーション・オーディオに9スピーカーのJBLプレミアムサウンドシステムを新規設定している(Xを除くグレードにオプション設定)。

価格は、WSが367万2000円(税込)、WSレザーパッケージが434万1600円(税込)、Gが353万1600円(税込)、Gレザーパッケージが422万8200円(税込)、Xが329万8320円(税込)。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る