固体高分子形燃料電池の電解質膜に電極触媒を直接塗工・乾燥できる装置「RTシリーズ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SCREENホールディングスは2016年11月17日、家庭用燃料電池や燃料電池自動車に採用されている固体高分子形燃料電池の電解質膜に電極触媒を直接塗工・乾燥する技術の開発に成功し、同技術を搭載した燃料電池製造装置「RTシリーズ」を新たに開発したと発表した。

同社はNEDOプロジェクトにおいて、燃料電池の量産製造技術の開発を2013年から続けてきた。今回その成果をもとに、ディスプレイ製造装置で培った塗布・乾燥技術とノウハウを活用し、固体高分子形燃料電池の電解質膜に電極触媒を直接塗工・乾燥する技術の開発に成功した。

さらに、SCREENホールディングスは同技術搭載の燃料電池製造装置を開発した。RTシリーズは、燃料電池に用いられる触媒層付き電解質膜をロールtoロール方式で連続生産できる。そのため、製造時間の短縮と生産コストの低減が期待される。

RTシリーズの製造と販売は、SCREENファインテックソリューションズが受け持つ。SCREENホールディングスは生産能力向上や生産品質向上など、RTシリーズの機能強化を今後さらに進めるとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る