HEVの車内空間を確保――体積5Lの「HEV用超小型SiCインバーター」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱電機は2017年3月9日、フルSiCパワー半導体モジュールと高放熱構造を採用し、体積5Lの「HEV用超小型SiCインバーター」を開発したと発表した。HEV(ハイブリッド電気自動車)の車内空間の確保や燃費向上などに貢献するために、同技術の2021年度以降の事業化を目指すという。

新開発のHEV用超小型SiCインバーターでは、フルSiCパワー半導体モジュールの採用により、電力損失の低減・インバーターの小型化・HEVの燃費向上に成功。また、パワー半導体モジュールと冷却器をはんだで接続する高放熱構造により、インバーターを小型化しつつ長期信頼性を確保した。

小型化を図った結果、体積は世界最小レベルの5Lを達成。これにより、HEVの車内空間の拡大やインバーター配置の自由度向上が可能になった。また、電力密度については86kVA/Lを達成した。

今回の開発技術は主に、ストロングハイブリッド車用2モーター方式HEVに対応している。だが、EV(電気自動車)などにも適用可能だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る