島津製作所がボーイング航空機向け機器3品目の出荷を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

島津製作所は2015年11月11日、米Boeingから受注した「航空機向け機器3品目」の納入を開始すると発表した。

同社が納入するのは、ボーイング737 MAX向け「APU Air Inlet Door Actuator」、ボーイング777型機向け「APU Air Inlet Door Actuator」、ボーイング737 MAX向け「Ground Spoiler Control Module」の3品目。

APU Air Inlet Door Actuatorは、APU(補助動力装置)のガスタービンエンジンを駆動するのに必要な空気を機体内部へと取り入れるドアを開閉させるための装置。またGround Spoiler Control Moduleは、着陸時に接地した機体の速度を低減させて着陸距離を縮めるグランド・スポイラーシステムに組み込まれた油圧アクチュエータへ油圧供給を行うためのバルブだ。

島津製作所の発表によると、APU Air Inlet Door Actuatorについては、ボーイング747/747-8/757/767/787向けに製造した実績がある。一方で、Ground Spoiler Control Moduleの生産は、今回が初の試みだという。

島津製作所は1955年以来、数多くの航空機搭載機器を開発・生産してきた。今後も民間航空向けの製品をグローバル商品として位置づけ、売上高の拡大を目指すとしている。

関連リンク
プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る