ルネサス、IoT製品など組込みシステム開発用プラットフォームの提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Renesas Synergy プラットフォームの構成

ルネサスエレクトロニクスは2015年12月8日、IoT製品など組込みシステム開発のための「Renesas Synergy プラットフォーム」の提供を開始した。このプラットフォームの利用により、ユーザは本格的に組込みシステムの評価、開発を始めることができる。

同プラットフォームは、(1)ソフトウエアパッケージ(2)マイクロコントローラ(3)開発環境(4)ソリューション(5)ギャラリーで構成されている。

ソフトウエアパッケージは、プラットフォームの中核をなすSynergy Software Package(SSP)と、特定アプリケーション開発時の機能拡張のためのアドオン・ソフトウエア(QSA、VSA)からなる。SSP及びQSAは同社が直接提供し、定期的なメンテナンスとバージョンアップも行う。

またパートナー企業が提供するVSAについても動作を保証しており、今後パートナー企業とともに取り組む各種ソリューションが2016年初頭から順次公開されるという。

マイクロコントローラは、同プラットフォーム専用に開発された「S7G2」「S3A7」の新規2品種を用意。開発環境には、安価な評価ボードStarter Kits(SK)、本格評価・開発目的に使用できる開発ボードDevelopment Kits(DK)を準備、Eclipseベースの統合ソリューション開発環境「e2 studio ISDE」も提供する。

ソリューションは、最終製品の開発例やアプリケーション応用例を提供。さらに、各種ソフトウェアや開発環境のダウンロード、サポートを受けることのできるクラウド環境「Renesas Synergyギャラリー」も日本向けに同時オープンしている。

これらを利用することで、ユーザはソフトウエアAPI(Application Programming Interface)層から上位の開発に集中できる。その結果、開発期間の短縮や、低層ソフトウェアの開発およびメンテナンスにともなうコストを削減できるとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る