高性能な6軸センサーを搭載した姿勢、制振制御アプリケーション向けIMU新製品を開発 エプソン

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セイコーエプソンは2021年10月21日、高性能な6軸センサーを搭載した慣性計測ユニット(IMU)の新製品「M-G370PDS0」を開発し、サンプル出荷を開始した。短期ノイズを改善し、機種ラインアップを拡充する。

M-G370PDS0は、従来の高安定に加え、低ノイズを両立した高性能センサーを搭載。従来品に比べ短期安定度である角度ランダムウォークを0.03°/√hと半減させている。また、ノイズ密度は2.5(°/h)/√Hzとなり、センサーノイズに埋もれさせることなく、機器やシステムに発生するわずかな姿勢変化をより正確に検知する。

また、優れた動的性能(感度直線性)により、静止状態から高速動作まで高精度な計測を実現。従来製品であるM-G370/365/364/354との互換性を維持しており、容易に性能のアップグレードができるため、大幅に開発コストや評価期間を削減できる。従来品と同様に24×24×10mmと小型、軽量で、16mAの低消費電力の特長を持ち、製品の小型化、軽量化にも貢献する。

インターフェースはSPI/UART、出力分解能16bit/32bit。動作温度範囲は-40℃~+85℃となっている。無人機、カメラ/アンテナなどの制振制御、産業機器などの振動/角度/軌道計測、ナビゲーションシステム(GNSS、INS、高精度ロケータ)などのアプリケーション向け。量産は2022年春を予定している。

近年IMUは、空中、海中など無人機による映像撮影、測量などに利活用分野が広がり、より正確な位置、姿勢制御のニーズが増大していることから、姿勢制御で重要とされる精度、特にノイズ性能への要求が高まっている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る