京セラコミュニケーションシステム、画像認識モデル作成サービスの運用開始を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京セラコミュニケーションシステム(以下、KCCS)は2016年1月13日、米AlpacaDBから画像認識モデル作成サービス「Labellio」を譲り受け、2016年1月19日から運用開始すると発表した。

Labellioは、AI(人工知能)の専門知識や高価な計算環境等がなくても、ディープラーニング(深層学習)技術を使ったオリジナルの画像認識モデルを簡単に作成できるクラウド型のWebサービスだ。

同サービスは、AI技術などの最先端技術を活用した研究開発やサービスを展開するベンチャー企業AlpacaDBが2015年6月にリリースしたもので、ユーザは用意した画像をLabellioにアップロードし、ラベル付けするだけで画像認識モデルを作成できる。作成したモデルは、例えば工場で製品の良品・不良品を自動で判断するシステムなど、さまざまなプロダクトに活用できるという。

KCCSでは、今回の譲受により、ディープラーニングの技術を持つAlpacaDBの画像認識技術を取り入れるとともに、AlpacaDBと連携を図ることで、AI技術の強化を図るとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る