村田製作所、自動車グレード積層セラミックコンデンサーGRTシリーズを商品化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

村田製作所は2016年1月12日、自動車グレード積層セラミックコンデンサGRTシリーズを開発、商品化したと発表した。

従来の同社のコンデンサーの用途は、一般用途向け、自動車パワートレイン・セーフティ用途向け、インプラント医療機器向けの3つだったが、今回のGRTシリーズは、カーナビゲーション、オーディオ機器など、ニーズが高まる自動車用インフォテインメント、コンフォート機器を用途としている。

GRTシリーズは、車載電子部品規格のAEC-Q200に準拠したものとなっている。同社の一般用途向けコンデンサーGRMシリーズと比べると、温度サイクルや耐湿負荷などの試験条件が異なる。

主な規格としては、サイズ0.6×0.3mm~3.2×2.5mm、定格電圧4Vdc~100Vdc、静電容量0.50pF~100µF。外部電極にはSnメッキが施してあり、はんだ付け性に優れているという。

温度補償用で299品番、高誘電率系で519品番の合計818品番をラインアップしている。

同社は、2016年1月13日~15日まで東京ビッグサイトで開催している「第8回国際カーエレクトロニクス技術展」にて、同製品を展示している。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る