オン・セミコンダクター、グローバルシャッタ搭載120万画素CMOSイメージセンサを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オン・セミコンダクターは2016年2月29日、グローバルシャッタ搭載の120万画素CMOSイメージセンサ「AR0135」を発表した。

新設計のグローバルシャッタ採用により、従来品と比較して1/10の低い暗電流と4倍高いシャッタ効率を実現したという。

解像度は1280×960画素で、フル解像度で毎秒54フレーム、720pで毎秒60フレームのキャプチャが可能だ。

ステレオカメラアプリケーションにより複数のセンサと簡単に同期を取ることができる。また、オンチップ温度センサと統計エンジンにより、カメラシステムの診断や制御能力を高めた。

車内で運転手の目の動きや身振りを感知するための車載カメラや、高速感知のバーコードスキャンシステムなどに対応できるという。

出力はパラレルと4レーンのHiSPiインターフェースによるシリアルに対応している。AEC-Q100グレード2の温度範囲-40~105℃のテスト済みで認定を受けており、標準温度範囲-30~70℃をサポートしている。

現在エンジニアリングサンプルが提供されており、2016年第3四半期に量産を開始する予定だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る