国内FinTech市場、2020年には約568億円に拡大する見通し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

矢野経済研究所は2016年3月10日、「ソーシャルレンディング」「クラウドファンディング」「投資・運用サービス」「ペイメント・決済」「ブロックチェーン」「クラウド型会計ソフトや会計・経理クラウドサービス」「家計簿・経費精算アプリ」「金融機関向けセキュリティサービス」の8領域を対象に実施したFinTech(フィンテック)市場調査の結果を発表した。同社は、市場規模が2020年には約568億円に達すると予測している。

調査期間は2015年7月~2016年1月。同調査の結果、矢野経済研究所は2015年度の国内FinTech系ベンチャー企業の国内市場規模を33億9400万円と見込んだ。FinTech市場は、3メガバンクグループや大手SIerによるベンチャー企業向けイベントが開催されたほか、ベンチャー企業と大手企業との協業事例があるなど、盛り上がりを見せているという。

市場の牽引役を担ったのは、主にクラウド型会計ソフトとソーシャルレンディングだ。今後、インストール型会計ソフト導入企業の中でも中小企業を中心に、クラウド型会計ソフトや会計・経理クラウドサービスの採用が進むという。また、2020年の東京オリンピックに向けて不動産市場が盛り上がることを鑑みると、銀行融資が難しい不動産開発段階から携われるソーシャルレンディングも伸びが期待できる。

2017年以降にはブロックチェーンを活用したシステムの導入が急速に進む見通しだ。矢野経済研究所によると、法改正などの政府による施策が整えば、2020年度にはFinTech系ベンチャー企業の国内市場規模は567億8700万円に達するという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る