ルネサス、低オン抵抗で車載リレーに置き換え可能なIPDデバイスを発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ルネサス エレクトロニクスは2016年03月14日、車載制御ユニット(ECU)内に流れる電気のオン/オフを担うメカニカル・リレーからの置き換えが可能な「インテリジェント・パワー・デバイス(IPD)」6種を製品化し、「RAJ280002」等の名称でサンプル出荷を開始した。

IPDは、スイッチング素子のパワーMOSFET(金属酸化膜半導体電界効果型トランジスタ)に加え、各種保護機能や自己診断出力機能を実現する制御回路を単一のパッケージに内蔵したパワー半導体だ。

同製品は、オン抵抗を1.6mΩと低く抑えたことで、モーターやヒーターなどの大電流アプリケーション向けメカニカル・リレーと置き換えられるようになった。また、電源電圧3.2Vという低電圧での動作を可能にすることで、バッテリから得られる電圧が一時的に低下するクランキングに対応した。

特にRAJ280002は、アクティブクランプ耐量(EAS)を従来品の260mJから1700mJに改善した。その結果、ライティング制御をはじめとする小・中電流アプリケーション以外に、大電流アプリケーションにも採用できる。

ルネサスはIPDの量産を2017年1月に開始し、2018年1月には月産85万個を目指すという。サンプル価格は、RAJ280002が1個当たり400円(税別)となる。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る