ドワンゴ、世界トップレベルの囲碁ソフトの開発に向け新プロジェクトを発足

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドワンゴは2016年3月1日、公益財団法人日本棋院の協力のもと、日本最強をうたうコンピューター囲碁ソフト「Zen」の開発者である尾島陽児氏と加藤英樹氏を中心とする「DeepZenGoプロジェクト」を発足し、世界トップレベルの囲碁ソフトの開発に着手したと発表した。

先日、米Google傘下の英DeepMind(ディープマインド)が開発した人工知能コンピューター囲碁ソフト「AlphaGo(アルファ碁)」が、国際棋戦の優勝10数回を誇る李世ドル(イ・セドル)9段に4対1で勝ち越した。DeepZenGoプロジェクトではこの結果を踏まえ、半年~1年後の新生囲碁ソフトの完成を目指すという。

同プロジェクトの主要メンバーは、尾島陽児氏と加藤英樹氏に加え、東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻の松尾豊豊特任准教授と将棋ソフト「PONANZA」開発者の山本一成氏を含む計4名だ。尾島氏らは、意気込みを次のように語っている。

「アルファ碁とイ・セドル九段の対局は、歴史に残る名勝負でした。私もあのような高いレベルの碁に関わりたいという気持ちがより強くなりました」(尾島氏)

「まずは、短い時間であそこまで強くしたディープマインドのメンバーにお祝いと敬意を。そして、アルファ碁のためにもライバルが必要でしょう」(加藤氏)

「アルファ碁を生み出したディープマインドの成果に感動しています。彼らと競うことができるようにがんばります」(山本氏)

同プロジェクトは、今後も参加を希望する開発者や企業があれば、随時検討し拡充していく方針だという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る