SCSK、ニアショア開発の新拠点設立で開発体制1000人を目指す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SCSKとSCSKニアショアシステムズ(SCSK−NS)は2016年4月7日、鹿児島県にニアショア開発(日本国内の地方拠点で実施するリモートシステム開発)の拠点を新設すると発表した。既存の開発拠点(岩手県、福井県、宮崎県、沖縄県)と合わせ、計1000人の開発体制を敷く方針を打ち出している。

事業開始は2016年10月の予定。金融系や通信系を中心とする大規模システムのエンハンス案件(既存システムの機能拡張および性能向上を目的とするシステム保守案件)に向けて、地元指向で優秀な新卒学生やIT技術者の採用を進めるという。採用人員については、2016年末に50人、5年以内に150人まで拡大する計画だ。

SCSKとSCSK−NSは今後、既存開発拠点でも採用活動や地元パートナー企業との協業を進め、オフィスの拡張・移転・新設を図るという。また、今回新設する拠点に加えて、2017年4月までに開発拠点をもう1ヵ所開業する予定だ。既存拠点と新拠点の規模拡大を経て、開発体制を2017年末に現在の約330人から1000人に拡充するとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る