GM、キャデラック初の電気自動車を発表――EV専用のモジュール式プラットフォームを採用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゼネラルモーターズ(GM)は2020年8月7日、キャデラック初の電気自動車(EV)「リリック」を発表した。

リリックは、伝統的な内燃機関構造を採用したEVと異なり、EV専用のモジュール式プラットフォームを採用。約100kWhのエネルギーを供給する最新型のアルティウム・バッテリーシステムを搭載している。これにより、低重心で50:50に近い重量配分が可能になったという。

同バッテリーシステムは、正極にアルミニウムを用いたNCMA(ニッケル-コバルト-マンガン-アルミニウム)化合物を採用し、従来のGM製バッテリーに比べてコバルト含有量を70%以上削減した。化合物を平面的なパウチ型セルに封入し、設計を簡素化することで、冷却を容易にしたという。また、モジュール内に直接バッテリーの電子回路を組み込んだことで、GMの既存の電気自動車に比べてバッテリーパックの配線を約90%削減した。

GMの社内テストの結果によると、リリックはフル充電で480km以上の走行が可能だ。出力150kW以上の直流(DC)急速充電や最大出力19kWのレベル2 AC充電を含めたさまざまな充電方法に対応しており、完全ハンズフリーの運転支援システム「スーパークルーズ」の最新版も搭載した。デュアルプレーン拡張現実(AR)に対応したヘッドアップディスプレイや、リモートセルフパーキングといった新技術も採用されている。

リリックの対角33インチのLEDディスプレイには、ドライバーインフォメーションの詳細やインフォテイメント・コントロール、カメラビューが表示される。10億色以上を表示可能で、従来のモデルの64倍に達する。

GMは、リリックの日本市場への導入時期は未定としている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る