パナソニック、シリコンへテロ接合型太陽電池開発で文部科学大臣表彰を受賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パナソニックは2016年4月12日、「シリコンへテロ接合型太陽電池の開発」によって同社グループのエコソリューションズ社の3氏が平成28年度科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞(開発部門)を受賞したと発表した。表彰式は4月20日に文部科学省で行われる。

今回受賞したのは、エコソリューションズ社ソーラーシステムビジネスユニット技術開発部 部長の岡本真吾氏、同総括主幹の田口幹朗氏、同主幹のつの村泰史氏(「つの」は「角」の旧字体)の3氏だ。

受賞の対象となったのは、n型単結晶シリコンの両面にi型アモルファスシリコンおよびp型、n型アモルファスシリコンを積層したシリコンへテロ接合型構造により、シリコン系太陽電池のエネルギー変換効率を向上させる技術。研究レベルでは、2014年に世界最高変換効率25.6%を144cm2の実用サイズで達成したという。

さらに量産においても、同技術を用いて製造したシリコンヘテロ接合型太陽電池と、それを生かす独自のモジュール化技術(高信頼性電極配線技術等)により、太陽電池モジュール「HIT」が製品化されている。

同社では、さらに技術開発を進めて、HITの高効率化と低コスト化に取り組んでいくとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る