C言語で記述されたソースコードを解析、最適化し、自動的にHDLソースコードを生成するツールの提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アドバンスド・データ・コントロールズ(ADaC)は2016年4月21日、次世代の組込み制御システムをサポートする豪Veltronixと代理店契約を締結し、同社のハードウェア自動設計ツール「Veltronix Accelerate」の提供を開始した。

Veltronix Accelerateは、ADAS(先進運転支援システム)などの次世代制御システムに必要なハードウェアアクセラレータを最適化しながら自動設計するツール。自動車産業のほか、FA、防衛、ロボット産業などでも利用できる。

同製品はまず、C言語で記述されたアプケーションソースコードを解析。次に、並列処理の抽出と最適化などを実行し、自動的にHDLのソースコードを生成する。生成したHDLは、論理合成ツールでのFPGA化が可能だ。

オプションには、単精度や倍精度に対応した浮動小数点ハードウェアサポートツールボックス「Floating Point Toolbox」のほか、生成したHDLの自動テストベンチの生成やテストベクトルの生成をサポートするHDL検証/シミュレーションツールボックス「Simulation and Verification Toolbox」が用意されている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る