ユニチカ、「放熱ポリアミド樹脂」を開発――幅広い熱伝導率/耐熱性を備えた製品群を用意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

放熱性評価

ユニチカは2019年1月9日、さまざまな性能要求や熱マネジメントに適用可能な「放熱ポリアミド樹脂」の製品群を開発したと発表した。

多くのモーターを搭載するハイブリッド車(HV、PHV)や電気自動車(EV)の普及に伴い、より小さいモーターが求められている。しかし、モーターを小型化すると放熱空間が減少するため、新しい熱マネジメントが必要になる。一方、燃費向上のため、金属から樹脂への置き換えも進んでおり、軽量化を実現しつつ熱マネジメントを行うための高い熱伝導率を有する樹脂製品の要求が高まってきていた。

ユニチカは今回、このような樹脂材料への要望の多様化に応じるため、使用される環境に応じて様々な要求に対応できる放熱ポリアミド樹脂を開発した。この樹脂は、ベース樹脂に放熱フィラーを配合することで熱伝導率を付与。ベース樹脂が持つ特徴は損なわずに高い熱伝導率を実現した。また、流動性を大幅に改善したことで、一般的な射出成形機での成形も可能となった。

ベース樹脂は、ポリアミド6樹脂、ポリアミド66樹脂、高耐熱ポリアミド「XecoT」などの多くの種類から選択できる。さらに、完成品は導電タイプと絶縁タイプの2つに分かれ、それぞれに幅広い熱伝導率、耐熱性の選択が可能だ。

放熱ポリアミド樹脂物性表

今後の展開については、LED部材やモーター部材を中心とした製品開発/用途開発を進め、採用拡大を目指すとしている。また、2019年1月16~18日に東京ビッグサイトで開催される「第11回 オートモーティブワールド ~第9回 クルマの軽量化技術展」に、放熱ポリアミド樹脂製品群を展示する予定だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る