キーサイト、InfiniiVisionオシロスコープ用CXPIトリガー/デコードオプション販売へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キーサイト・テクノロジーは2016年5月13日、InfiniiVisionオシロスコープ3000T Xや4000Xシリーズ用のCXPIトリガー/デコードオプションを7月に販売開始すると発表した。オシロスコープを使用してCXPIのバスにトリガー/デコードする同オプションを用いれば、車載アプリケーションで使われるCXPIの物理層のデバッグにおいて、効率的に不具合を解析できる。

CXPIは、車載機器のボディー系アプリケーションにおける次世代型高性能シリアルバス。現在ボディー系の通信では主にLINが使われているが、反応性が要求されるHMIにおいては、CXPIバスがLINバスを徐々に置き換えていくと予想されている。CXPIのプロトコルは、UARTベースのデータリンクに搭載のノンディストラクションアービテーションやエクステンションエラー検知とリカバリーなど、CANのいくかの機能に対応している。

CXPIトリガー/デコードオプションは、キーサイトのInfiniiVision3000T Xや4000Xシリーズのオシロスコープ上で動作する。高速な波形更新速度やデコード速度により、まれにしか起きない不規則な不具合も確実に捉えられる。また、CRCエラー、パリティーエラー、データレングスエラー、フレーミングエラーなど、特定のエラーにトリガーをかけての捕捉、フレームIDによる選別も可能だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る