JFEスチール、塗装塗り替えまでの期間を2倍以上に延長できる鋼板「EXPAL」を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腐食試験後のC-5塗装系の塗膜膨れの外観

JFEスチールは2018年9月26日、塗装後の耐食性を高める塗装寿命延長鋼板「EXPAL」を開発したと発表した。沿岸域など、厳しい腐食環境下で利用する橋梁・建機・産機などの塗装の塗り替えまでの期間を普通鋼の2倍以上に延長できるという。

EXPALは、鋼に微量の耐食元素を複合的に添加し、圧延条件を適正化した。従来のJIS G3106(SM鋼)と同等の機械的性質を維持しつつ、従来鋼よりも塗装後耐食性を高めている。厳しい腐食環境下では、普通鋼なら一般的に約30年に1回の塗り替えが必要になるが、EXPALなら約70年にまで延長できると説明している。

厳しい環境におけるC-5塗装系を施した鋼のライフサイクルコストの概念図

腐食試験によるC-5塗装系の塗膜膨れの長期予測結果

橋梁に用いられるJIS G3101(SS鋼)、JIS G3106(SM鋼)、JIS G3140(SBHS鋼)の各規格を満たし、すでに同社の東日本製鉄所構内の貯蔵タンクで利用している。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る