IHI、大型ビジネスジェット機向けエンジン「GE Passport 20」の型式承認を取得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IHIは2016年5月25日、大型ビジネスジェット機向けターボファンエンジン「GE Passport 20」の型式承認を米国連邦航空局(FAA)から取得したと発表した。

GE Passport 20は、加Bombardierが開発する大型ビジネスジェット機「Global 7000」や「Global 8000」に向けて、米General Electricが中心となり開発を進めてきたエンジンだ。IHIはプログラムシェア約30%で同製品の開発に参画しており、ファン静止部、低圧タービン、ギヤシステムなどの開発、設計、製造を担当している。

GE Passport 20では、燃料消費率の低減に加え、ビジネスジェット特有の運航条件での性能を重視した設計が要求されている。IHIは、先進的な空力設計技術により高効率を発揮する低圧タービン翼のほか、ファン出口案内翼とファンケースの構造支柱の2つの機能を備えた統合ファン案内翼などの開発を担い、軽量で高性能なエンジンの実現に寄与しているという。

IHIは今後も独自の技術力とものづくり力を通じ、航空機エンジンの環境性能の向上に貢献するとともに、世界中の航空機の安心、安全、快適な運航を支えていくとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る