ベルニクス、デジタル制御/通信機能付きPOLコンバータ「BDPシリーズ」に150Aモデル追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベルニクスは2016年6月7日、デジタル制御/通信機能付きPOLコンバータに、150A出力モデル「BDP-150A」を追加したことを発表した。

BDPシリーズは、出力設定精度±5%の小型デジタル制御POLコンバータ。入力電圧8~14V、出力電圧0.6~1.5Vで、-40~85℃で動作する。シリアル通信(PMBus)によりシーケンスや出力電圧変更、モニタ機能などマスタースレーブ間で柔軟な制御が可能な特徴を持つ。

すでに30A出力品・60A出力品が販売されているが、更なる大電流化の要求に応えるため、新たに150A出力品を開発したのだという。

サイズは28.2×43.7×10mm。従来の30A、60Aシリーズとの並列運転、共通パターン設計も可能だ。評価ボードも用意しており、並列運転、デジタル通信による出力電圧の変更等を容易に評価できるようにした。

サンプル購入等およびデータシートのダウンロードは、同社営業部を通じて行えるという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る