日本TI、電源や励磁アンプなど内蔵のレゾルバ−デジタル・コンバータ「PGA411-Q1」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は2016年6月10日、電源や励磁アンプに加えて複数の機能安全向け機能を内蔵したレゾルバ−デジタル・コンバータ「PGA411-Q1」を発表した。同製品は、従来のソリューションが必要としていた外付け部品なしで、レゾルバ・センサのコイルの励磁とモーターの回転軸の角度や速度を同時に計算できる。

PGA411-Q1は、少なくとも10個の外付け部品や受動部品を削減できるため、BOM(原材料費)と基板実装面積を最大50パーセント削減できる。励磁アンプや短絡保護機能付きの高電圧昇圧型電源に加え、複数のプログラマブル故障検出スレッシュホールドやフィルタを内蔵しており、外部回路なしでも4Vrmsや7Vrmsの幅広いシステムゾルバ・センサのサポートが可能だ。

PGA411-Q1では、BIST(ビルトイン・セルフテスト)がアナログやロジックの構成部品の自己診断をスタートアップ時に自動で実行。BISTと内蔵の診断機能によって大幅な外部保護回路が不要となり、ISO(国際標準化機構)26262規格が規定するASIL(車載安全性要求レベル)Dクラスの機能安全認証に適合するシステムの開発が可能になった。

また、過電圧、電圧低下、過熱などに対する保護アーキテクチャにより、デバイス内の大電流・高電圧のブロックとAFE(アナログ・フロントエンド)などを分離し、損傷への高度な耐久性を提供。さらに、AFEの複数のコンパレータによって外付けのA/Dコンバータ不要とし、センサからの入力信号への量子化ノイズの影響を低減した。

内蔵のクロック回路、AFE、診断・保護機能は、幅広いレゾルバ・センサやシステム要件に応じたスケーリングが可能。設計者は、内部パラメータを簡単に変更でき、ハードウェアの再設計や新システムのデバッグに必要な技術作業なしで、新しいプラットフォーム設計への移行が可能となる。

1000個受注時の単価(参考価格)は12.96ドルから。パッケージは、放熱特性を強化した64ピン(HTQFP)PowerPADだ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る