無線通信でECUのソフトを更新、日立が自動運転向けソリューションを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日立製作所、日立オートモティブシステムズ、クラリオンの3社は2016年4月28日、自動運転車両やコネクティッドカーに搭載された電子コントロールユニット(ECU)のソフトウェアを無線通信で更新する「OTA(Over the Air)ソフトウェア更新ソリューション」を発表した。

同ソリューションでは、データセンター(OTAセンター)のシステムから車両側のシステムまでを、日立グループがワンストップで構築。配信データの暗号化や相互認証により、情報漏えい、改ざん、成りすましを防止するほか、ソフトウェアの更新時間を従来比1/10に短縮できるという。

OTAセンター側のシステムは、新プログラムと旧プログラムの差分を抽出し、差分データのみを車両に配信する。車両側システムでは、差分データをクラリオンの無線通信機(TCU)で受信した後、セントラルゲートウェイ経由で自動運転ECUやエンジンECUなどに送信。その後、ECUは差分復元/更新ソフトウェアで差分データと旧プログラムから新プログラムを復元し、メモリ上のプログラムを書換えることでソフトウェアを更新する。

日立グループは現在、セントラルゲートウェイなどの実機を搭載した実車両を用いたプロトシステムを開発済で、2018年の製品提供を予定している。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る