STM32ファミリmbedプラットフォームに対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

STマイクロエレクトロニクスは2015年11月30日、同社の32bitマイクロコントローラ「STM32ファミリ」やセンサ/通信用/電子制御用IC が、ARMのmbedプラットフォームに対応すると発表した。

mbedプラットフォームには、mbed OSの最新版が付属。他にも、IoT機器の開発に最適なオペレーティング・システムやクラウド・サービス、ならびに開発ツールが備わる。

STの製品群とmbedプラットフォームの統合により、IoT機器やSmart Thingsの開発プロセスは簡略化。その結果として、開発者は製品開発期間を短縮することが可能となり、製品のセールスポイントを生み出す差別化に注力できるとしている。

STマイクロエレクトロニクスは今後も、Smart Thingsを開発するIoT分野のイノベータやメーカーに向けて、最適な半導体を提供していくという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る