矢野経済研究所、機械系CAE市場動向の調査結果を発表 世界、国内ともに安定的に成長と予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

矢野経済研究所は2016年6月20日、機械系CAE(Computer Aided Engineering)の市場動向に関する調査結果を発表した。

同調査では、構造解析、熱流体解析、樹脂成形解析、鋳造解析などの機械系CAEを対象とし、市場規模を事業者売上高ベースで算出。その結果、2015年の機械系CAE世界市場規模が前年比6.9%増の31億3400万ドルであったことが分かった。

矢野経済研究所によると、機械系CAE世界市場は今後、世界経済の減速に基づく製造業の設備投資への意欲減退により、短期的に成長が鈍化するという。ただし、中期的に見た場合には安定的な成長を続けると見ている。同社は、2020年の同世界市場規模を46億5500万ドルと見込む。

一方、2015年の機械系CAE国内市場規模は前年比4.7%増の672億3200万円であったという。そして今後も、同市場は設計期間短縮などへの期待から安定的な成長を続け、その規模は2020年に918億円に達すると予測している。

同研究所によれば、これまでのCAEの主流は、構造解析や熱流体解析などの機械系CAEであったという。しかし近年は、自動車等の開発現場でモデルベース開発と呼ばれる手法が適用されるケースが増えるなどして、1DCAEなどの新たな支援ツールのニーズが高まっているとしている。

このため、今後は1DCAEと従来の機械系CAEとの連携が大きなテーマになっていくだろうと予測している。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る