東洋紡のフィルム状導電素材を使用した居眠り運転検知システムを共同開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東洋紡とユニオンツールは2017年1月11日、東洋紡のフィルム状導電素材「COCOMI」を使った居眠り運転検知システムを共同で開発したと発表した。2017年中に販売開始する予定だ。

今回開発されたシステムは、東洋紡のフィルム状導電素材「COCOMI」を使用した肌着を用いて心拍周期を検出し、心拍周期が示す特定のパターンから眠気が生じていると判断するアルゴリズムにより眠気を検知する。

東洋紡とユニオンツールでは、2011年から共同で眠気を検知するアルゴリズムを開発、心拍周期から眠気を検知するアルゴリズムを用いた居眠り運転検知システムを2015年から販売している。しかしこのシステムは、心拍周期の検出のためにベルトで締めるタイプやジェルで体に貼り付けるタイプの電極を用いており、締め付け感やベタつき感など装着感に課題があったため、今回のシステムで改善を行ったものだ。

今回用いられたCOCOMIはウエアラブルデバイス用の導電素材で、薄く伸縮性があり、電極と配線を継ぎ目なく一体化できるため、競走馬専用心拍・速度・加速度測定システムの心拍数測定用腹帯カバーに採用されている。今回この素材を用いることで従来システムと比べて装着時の着心地を改善しており、また眠気検出の精度は従来のシステムと変わらないという。

現在、中日臨海バスで実証実験を行っており、2017年中の販売開始を予定している。なお、2017年1月18日~20日に東京ビッグサイトで開催される「第3回 ウェアラブルEXPO」で展示を行う予定だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る