ジェイテクト、大幅な小型/軽量化を実現した「超小型円すいころ軸受」を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェイテクトは2017年5月31日、産業機械全般で使用される「超小型円すいころ軸受」を開発したと発表した。従来の同社最小品より大幅な小型/軽量化を実現している。

円すいころ軸受(テーパーローラーベアリング)は耐荷重、高剛性に優れ、あらゆる産業製品で使用されている。産業製品のコンパクト化が進む中で、円すいころ軸受にも小型化が求められているが、これまで「部品軽量化による自動搬送の難化」「幅の狭小化に伴う軌道研磨加工難度の上昇」等の問題により小型化への対応ができていなかったという。そのため、小型のサイズが求められる場合には深溝玉軸受など他の軸受形式を採用せざるを得ず、性能が制限される場合があった。

今回同社では、搬送方法などの製造工程を抜本的に見直すとともに、軌道研磨の専用治具を開発。さらに、樹脂保持器の適用により、外径26mm、組幅8mm、質量18gの小型/軽量製品を開発した。通常、小型化すると低下する剛性を従来品と同等に維持したまま、幅を約50%狭小化、質量を約60%軽量化している。また同等サイズの深溝玉軸受との比較でも、剛性は約3倍ながら質量は約15%軽量化されている。

同社では、2018年に量産を開始し、ロボット、減速機メーカー等の国内外産業機械メーカー向けに年間24万個の売り上げを目指している。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る