ボルグワーナー、世界初の量産電気小型トラックに電気モーターとトランスミッションを供給

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電気モーター「HVH250」(左)とトランスミッション「eGearDrive」(右)

米ボルグワーナーは2018年1月16日、同社の電気モーター「HVH250」とトランスミッション「eGearDrive」を、三菱ふそうトラック・バスの量産電気小型トラック「eCanter」に向けに供給すると発表した。同社によるとeCanterは、世界初の量産電気小型トラックとなる。

電気モーターHVH250は、従来の巻丸線に代わって、綿密に形成された平角線および複数層からなるインターロック型ヘアピンを使用。この高電圧ヘアピンによって、700Vで最大425Nmのトルクと300kWの出力を生み出すことが可能だ。また、95%超の高効率と、低負荷から高負荷までのさまざまな用途向けのトクルおよび出力を提供できる特徴を持つ。

トランスミッションeGearDriveは、コンパクトに設計され軽量かつ高効率なギアトレインを持つ。高いトルク容量を可能にするとともに、バッテリーのエネルギー消費も抑えるという。さらに最大で14000rpmの高速入力に対応するなど、幅広いギア減速比を提供する。また、オプションで電動パーキングブレーキシステムの利用も可能だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る