MIT、装用することで薬を点眼できるコンタクトレンズを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米マサチューセッツ工科大学で行われたスローン健康管理発明賞(Sloan Healthcare Innovations Prize)コンペティションで、2018年の大賞に輝いたコンタクトレンズが注目を集めている。

大賞を受賞したのは、Harvard Innovation Lab (i-lab)の「Theraoptix」チームが開発したコンタクトレンズ。FDA(アメリカ食品医薬品局)の承認を受けた材料でできており、装用するだけで薬品を点眼できる効果がある。使用者の視界を妨げない小さな円形の帯状のポリマーフィルムに薬剤を浸して、コンタクトレンズの素材で挟んだ構造をしている。

このコンタクトレンズは最長2週間の連続装用が可能で、眼にゆっくりと薬を投与することができるので、緑内障の治療や、手術後の治療などに有効だという。従来の点眼薬のように、うまく点眼できなかったり、薬が流れ落ちてしまうこともない。

更に、このレンズは眼球の裏側にも薬を投与できるため、現在は眼内注射を必要とする黄斑変性症、糖尿病性網膜症、網膜静脈閉塞などの治療にも効果が期待できるとしている。

医療分野での様々な応用が期待されるコンタクトレンズだが、毎年春先に我々を悩ませる花粉症の対策に使うことはできないだろうか。

関連リンク

Contact lenses that deliver drugs directly to the eye win health care prize

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る