東芝、車載3相ブラシレスモーター用パワーMOSFETゲートドライバIPDの新製品を発売――実装面積を従来の1/4に削減

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TPD7212F

東芝デバイス&ストレージは2018年7月24日、車載3相ブラシレスモーター用パワーMOSFETのゲートドライバIPD(インテリジェントパワーデバイス)「TPD7212F」 を製品化し、8月から量産、出荷を開始すると発表した。

TPD7212Fは、同社最新のアナログ素子混載プロセス(BiCD)を採用し、小型WQFN32パッケージ (5×5mm) に搭載。同社従来製品 「TPD7210F」 と比べて、実装面積を約1/4に削減できるため、機器の小型化が可能だ。

また、ドライバ電源電圧や出力端子電圧診断機能、過電圧保護機能、そして、チャージポンプ回路を内蔵している。動作温度は-40℃から150℃と広く対応。車載用電子部品規格AEC-Q100に準拠した信頼性をもつ。さらに、3相ブラシレスモーター用パワーMOSFETのゲート駆動が可能だという。

応用機器としては、12V系システムEPSやオイル/ウォーターポンプなどの車載用モータードライブを想定している。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る