Boeing、米海軍から無人空中給油機「MQ-25スティングレイ」の製造開発を受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米Boeingは2018年8月30日、米海軍から無人航空機「MQ-25スティングレイ」の技術・製造開発(EMD)契約を受注したと発表した。同機は空母から離着陸し、戦闘機へ空中給油が可能な無人機で、受注金額は8億500万米ドル、納入台数は4機を予定している。

Boeingには過去90年以上にわたって米海軍に空母搭載機を納入した実績があり、これまでの経験を生かして設計されるMQ-25は、堅牢な給油能力、自律性、フライトデッキへのシームレスな統合を特徴としているという。これが、米海軍が掲げる低コストな無人空中給油機のフライトデッキへの早期配備という要件にマッチした形だ。

MQ-25による空中給油が実現すれば、米海軍が配備しているF/A-18スーパーホーネット、EA-18Gグラウラー、F-35C戦闘機の飛行範囲の拡大が可能になる。また、空母のカタパルト、ローンチ、リカバリーシステムともシームレスに統合できる。

計画ではミズーリ州にある同社セントルイス工場で開発を進めることになっている。エンジンテストはすでに完了し、受注後すぐにフライトテストする準備ができているという。

関連リンク

Boeing’s MQ-25 is ready
U.S. Navy Awards Boeing $805 million MQ-25 Contract

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る