Valkyrie搭載のV12エンジン、最高回転数はレーシングエンジン並みの1万1100rpm

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アストンマーティンは2018年12月14日、同社のハイパーカー「Valkyrie」に搭載する自然吸気6.5リッター65°V12エンジン(以下、Valkyrie V12エンジン)の詳細を発表した。長年F1エンジンの開発を手がけてきたコスワースと共同開発したもので、公道走行車用エンジンでありながらレーシングエンジン並みの性能を発揮する。

Valkyrie V12エンジンは、コスワースがF1で蓄積した技術を惜しみなく投入した自然吸気エンジンである。最高出力は1000bhp/1万500rpm(リッター当たり出力153.8bhp)で、最高回転数はレーシングエンジン相当の1万1100rpm。最大トルクは740Nm/7000rpmだ。発表によると、これらの性能値は純粋に内燃エンジンが発生する数値だという。排ガス規制に関する目標は全て達成している。

アストンマーティンは、Valkyrie V12エンジンの開発では重量の削減が大きな挑戦だったという。Valkyrie V12エンジンはシャシーの一部として機能するため、剛性を備える必要がある。そこで、エンジンブロック、シリンダーヘッド、オイルサンプ、カムカバー構造体といった主要部品には鋳造コンポーネントを用い、チタニウム製コンロッドとF1仕様のピストンを含む主なエンジン内部部品には金属塊を削り出したコンポーネントを採用した。これにより、質量に対する強度の最適化が可能になり、結果としてエンジン単体重量は206kgに抑えることができた。

特に注目に値する部品はクランクシャフトだという。Valkyrie V12エンジンのクランクシャフトは、直径170mm×長さ775mmのスチール製の棒から、その80%が約6カ月かけて削り取られることで完成する。そのような工程を経て、「Aston Martin One-77 V12」エンジンのシャフトに比べ50%軽量となる。

アストンマーティン・ラゴンダ社長のアンディ・パーマー博士は、「たとえ一滴でも血管にガソリンが流れている者であれば、高回転型自然吸気V12こそが、絶対的な頂点に君臨するエンジンだと考える。(中略)これを超えるエンジンが登場することは決してない」と述べている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る