次世代車載内装向けの静電UIを開発――単一のセンサで非接触操作やタッチ操作、感圧操作が可能 日本航空電子工業

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本航空電子工業は2022年8月23日、次世代車載内装向けの静電UI(ユーザーインターフェース)を開発したと発表した。

今回開発した技術では、1枚のフィルムセンサによる非接触操作やタッチ操作、感圧操作が可能となっている。既存の技術は、静電センサや赤外線センサ、ピエゾ素子などを併用することでこれらの機能に対応していた。

高感度特性を発揮すべく、センサパターンにはメタルメッシュを用いた。約150mmの距離での近接検出、約100mmの距離でのジェスチャー操作、無段階の圧力検知が可能となっている。

単一のセンサで複数の機能を実現できるため、内装機器の開発を容易化できる。

また、フィルムセンサは印刷工法で作製されており、屈曲性に優れる。アームレストやドアトリムといった複雑な形状にも対応可能なため、デザインや設置場所の自由度が向上する。

次世代車載内装イメージ

ステルス印刷のパネルと併用することで、ジェスチャー操作で必要な時のみパネル上にスイッチ画面を表示し、タッチ操作でコントロールするなど、次世代の車載内装向けUIを構築できる。

東京都昭島市の昭島事業所内に有する自動化ラインにて製造する。また今後は、自動車市場に加えて産業機器やスマートホームといった用途への展開を図る。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る