アウディとエアバス、アムステルダムで最新の空飛ぶタクシーのコンセプトを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウディ、エアバス、イタルデザインの3社は、2018年11月に開催されたアムステルダム ドローン ウィークで、空飛ぶタクシーのコンセプト「Pop.Up Next」の飛行/走行プロトタイプを発表した。

Pop.Up Nextは、自動運転の電気自動車と乗用ドローンを組み合わせたもので、乗客は旅客機からPop.Up.Nextへ空港ターミナルで移動、ドローンで市内へ飛行し、最終目的地へは地上を走行する構想だ。乗客は、乗り換えをすることなく空港から目的地まで移動することができる。

Pop.Up Nextはモジュラー構造で、飛行モジュールはエアバス、地上モジュールはアウディ、そしてデザインは数々のスーパーカーのデザインで有名なデザイン会社イタルデザイン・ジウジアーロによるものだ。

最初の公開試験飛行では、飛行モジュールは乗客カプセルを地上モジュールに正確に降ろし、試験場から自動走行させることができた。プロトタイプは4分の1のスケールモデルだが、10年後には大都市で便利で効率的な空飛ぶタクシーサービスを使えるようになるだろうと、アウディは予想している。

アウディのIT・ソーシング担当役員のBernd Martens博士は、「空飛ぶタクシーの実現は間近だ。空と道路の交通のスマートな配分は、都市とそこに住む人々に等しく利益を与えるものだとアウディは確信している。」と述べている。

関連リンク

Audi, Airbus and Italdesign test Flying Taxi Concept

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る