Wi-SUN最新規格のWi-SUN Enhanced HAN対応モジュール実装評価基盤を販売開始――リレー通信や省電力動作が可能に ローム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロームは2019年3月19日、国際無線通信規格「Wi-SUN(Wireless Smart Utility Network)」の1つである「Wi-SUN HAN(Home Area Network)」の最新規格「Wi-SUN Enhanced HAN」に対応した小型汎用無線通信モジュール「BP35C0-J11」を開発したと発表した。BP35C0-J11はすでに量産中だが、それを備えた評価用基盤「BP35C0-J11-T01」の販売を新たに開始する。

Wi-SUN HAN規格では1対多のスター型接続のみをサポートしていたが、Wi-SUN Enhanced HANでは1対多対多のツリー型接続が可能で、通信距離を拡張するリレー通信機能を実現。また、電池駆動機器でも双方向通信を可能にするスリープ通信機能を新たに追加した。BP35C0-J11はこれらの機能のほか、Wi-SUN Enhanced HANで規定されている全てのモードをサポートする。

BP35C0-J11の対応モード

BP35C0-J11はアンテナ外付けの面実装モジュールで、受信感度の高い無線通信機能、マイコン、大容量メモリを内蔵した。ロームの独自機能として「FOTA」も搭載しており、遠隔からのファームウェアの更新が可能。規格のマイナーアップデートや万が一機能修正が必要になった場合でも、機器の回収や交換作業が発生しないため、低コストに短期間でファームウェアを更新できる。

ロームは2019年1月からすでに、BP35C0-J11の量産を月産5万個の体制で開始している。そのサンプル価格は1個6800円(税抜)だ。加えて今回、BP35C0-J11を実装した評価用基板「BP35C0-J11-T01」のインターネット販売を、チップワンストップ、ザイコストア(コアスタッフ)、アールエスコンポーネンツの3社にて3月から開始するとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る