EVとEV充電機器向けの「EMC対応」と「高出力/超急速充電対応」の充電アナライザー(CDS)2製品を発表 米キーサイト・テクノロジー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米キーサイト・テクノロジーズは2020年7月15日、電気自動車(EV)とEV充電機器(EVSE)向けの充電インタフェースを試験、検証する2種類の製品を発表した。Scienlab充電アナライザー(Charging Discovery System:CDS)のポートフォリオを拡充する製品で、AC、もしくはDC充電中に使用されるEMC対応CDSと高出力/超急速充電対応CDSとなる。

これまで仕向け地の充電規格に対応するため、手動でテスト方法を変更し、動作を検証していたが、今回発表したScienlabの最新製品により、テストを自動化して生産性を向上させ、テスト時間とコストが削減できる。

EMC試験向けに最適化されたScienlab CDS EMCシリーズは、特別なEMC対応のシールド設計とその中に組み込まれた低ノイズコンポーネントを採用。Scienlab CDSからの放射ノイズを最小限に抑えているため、干渉することなく、実際の充電条件下でEVとEVSEのEMC試験ができる。

電波暗室内で伝導、または放射イミュニティ、エミッション試験に使用されるCDS EMCシリーズは、外部電磁界の影響を受けないため、イミュニティ試験中に試験対象であるEVやEVSEの近くに配置でき、正確で歪みのない測定ができるという。

さらに、高出力充電中にEV、EVSEのテストができる唯一のモジュール式テストソリューション「Scienlab CDS ハイパワーシリーズ」を発売する。本製品は、世界中の主要な充電規格に基づき、高出力充電も含めて相互接続性に必要なテストをいち早く実行できる。製品の市場投入までの時間を短縮できるため、充電品質の基準とすることができる。

また、Scienlab 充電アナライザー・システムポートフォリオは、世界の主要な充電規格に全て対応し、モジュール式の柔軟なシステムアーキテクチャにより、通信プロトコル、電源フローのテストに対応する。自動化されたテストケースの提供、すべてのキーサイトScienlab AC、DC電源との完全な互換性、直感的に使いやすいソフトウェアも提供する。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る