世界最高水準のSMD対応小型全固体電池の高容量化品を開発――公称電圧3V、電池容量は3.5倍、体積エネルギー密度は2.5倍に FDK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FDKは2019年5月9日、2018年12月にサンプル出荷を開始したSMD(Surface Mount Device、表面実装部品)対応小型全固体電池の高容量化品を同年4月に開発したと発表した。今回の開発品は、IoT機器やウェアラブル機器、RTC(Real Time Clock、リアルタイムクロック)、SRAM/MCUなどの半導体関連製品、高温や真空など従来の電解液を使用した電池では適用困難な過酷な環境下で使用される産業機器や車載電装機器などにおいて電力を供給する。

同社は、小型、高エネルギー密度、安全性、長寿命などの特長を有する電池として、2018年12月に世界最高水準の高電圧のSMD対応小型全固体電池を開発。さらなるアプリケーション領域拡大のために高容量化を進めてきた。今回、従来の内部構成と形成プロセスを改良することにより、65Wh/Lという従来比2.5倍の体積エネルギー密度の高容量化を実現した。

さらに、今回の高容量化に合わせて、電子部品規格に準拠した形状への変更を実施。これにより、酸化物系のバルクタイプのSMD対応小型全固体電池では、業界最高水準となる500μAhという電池容量(同社従来比3.5倍)を実現するとともに、顧客が実装する際の利便性も向上させた。同開発品は2019年5月中旬からサンプル出荷を開始し、2020年度から量産を開始する予定だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る