回転摩擦を62%低減する「低フリクションハブベアリングIII」を開発――燃費改善により給油当たり4.5~5.5km走行距離が増加 NTN

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NTNは2019年5月22日、回転フリクションを従来品比で62%低減した「低フリクションハブベアリングIII」を開発したと発表した。

近年の自動車の燃費向上やCO2排出規制の強化により、タイヤの回転を支えるハブベアリングには、寿命や強度を満たすだけでなく、回転フリクション(摩擦)の低減も求められている。

開発品写真

そこで、NTNは今回、「低フリクションハブベアリングII」で採用していたグリースを配合成分から見直すことで、さらなる低フリクション化を実現。回転フリクションを従来品比62%低減し、車両燃費を約0.53%改善する新たなハブベアリングを開発した。

フリクション変遷

また、同ハブベアリングは、市場で問題となっている低温環境下で表面損傷を起こすフレッティング摩耗に対応するため、寿命や耐フレッティング性も向上させた。さらに、ハブベアリング内部の予圧を最適化し、軸受の性能を維持したまま、軸受自体の回転フリクションを低減した。

開発品の適用部位

NTNは、5月22日~5月24日にパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2019横浜」に、低フリクションハブベアリングIIIを出展する予定だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る