1本足で飛び跳ねる小型ロボット「SALTO」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UC Berkeley photo by Stephen McNally

1本足で飛び跳ねて、台から台へと縦横無尽に飛び移ったり、障害物を飛び越えたりしながら移動できる小型ロボット「SALTO」を、カリフォルニア大学バークレー校の研究者たちが発表した。

SALTOは、重さ100gほどの小さなロボットだ。2016年の時点で初号機が発表されていたが、その時は1回だけ地上からジャンプし、さらに壁を蹴って飛び跳ねることしかできなかった。今回発表された最新バージョンでは、10分間も止まることなくジャンプし続けることができ、その間のジャンプ回数は100回以上に達している。

その跳躍力は最大で4フィート(約1.2m)。新バージョンのSALTOは素早い移動も可能で、時速8〜10マイル(13〜16km)の素早さで、バッタのように飛び跳ねながら動き回れる。障害物を飛び越えたり、台の上を飛び跳ねて移動したりするなど、トリッキーな動きでも転倒することはない。

SALTOの開発者であるJustin Yim氏は、「小型のロボットは、大型のロボットや人間では大き過ぎる場所で走り回ることができる点など、多くの点で優れています。例えば、人々が瓦礫の下に閉じ込められてしまった災害現場で、人間の救助者に危険のない方法で、しかも救助者よりも早く、被災者を発見することに役立つ可能性があります」と、述べている。

関連リンク

With a hop, a skip and a jump, high-flying robot leaps over obstacles with ease

関連記事

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る