タンブル流強化技術を搭載したインド生産二輪車「Activa125」を発表――燃費性能は従来モデル比10%向上 ホンダ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タンブル流(空気の流れ)イメージ図

本田技研工業(ホンダ)のインド現地法人は2019年6月12日、世界初となるタンブル流強化技術を搭載した新型「Activa125」を発表した。

ホンダはこれまで、CBS(前後輪連動ブレーキシステム)等の先進技術を積極的に採用した「Activaシリーズ」をインドにて展開。中でも、Activa125は、より商品魅力を充実させたモデルとして顧客に支持されていた。

Activa125

そして、ホンダは今回、インドの排出ガス規制法「BS6(バーラトステージ6)」へ対応するため、環境エンジンeSPをインドモデルで初めて採用した。さらに吸気ポートに鋳造一体で隔壁を設けて2層構造とし、ポート内の逆流現象を利用することで、新たな部品を追加することなくタンブル流を生み出す技術を世界で初めて搭載した。

この技術による燃焼効率の向上は、PGM-FI(電子制御燃料噴射装置)やアイドリングストップシステムの採用による効果を合わせると、従来モデルに対して燃費性能を10%向上させるという。

なお、同技術を搭載したActiva125は2019年7月に発売予定だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る