ミシュランとGM、パンクしないタイヤ「Uptis」を公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミシュランとGMは2019年6月4日、ミシュランの「Vision」コンセプトに沿った乗用車用エアレスタイヤ「Uptis(Unique Puncture-Proof Tire System)」に関する共同開発契約の締結を発表し、同時にUptisのプロトタイプを公開した。

Visionは、持続可能なモビリティ社会の実現という同社のビジョンと、循環型経済のフレームワークに沿ったタイヤのコンセプトモデルであり、「空気を使わず、IoTにも対応し、再生可能かつオーガニック」という特徴を備えた未来のタイヤだ。柔軟なゴム素材は接地するトレッド面にのみ使用し、タイヤとホイールが一体化したハニカム構造で強度を持たせている。

Uptisには、サイドウォールはなく、アルミニウム製ホイールとトレッド面の間に組み込まれたスポークで車体を支える。そのため、空気圧チェックなどの定期メンテナンスや、パンクなどの損傷の検査を必要とせず、自動運転シャトルから電気自動車まで、これからの自動車に最適なタイヤだとしている。

両社は、早ければ2024年の商品化を目指している。2019年後半からGMの「シボレー・ボルトEV」を使った、Uptisの実車試験を開始する予定だ。

関連リンク

MICHELIN, GM TAKE THE AIR OUT OF TIRES FOR PASSENGER VEHICLES
3Dプリントで作るタイヤ――ミシュラン、エコロジーで安全かつ再生可能なコンセプトタイヤ「Vision」を発表

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る