乗用車向けエアレスタイヤ「アプティス・プロトタイプ」2024年に一般市場に投入へ ミシュランとGM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

左:『ミシュラン アプティス・プロトタイプ』、右:シボレー・ボルトEVに装着された『ミシュラン アプティス・プロトタイプ』

ミシュランとゼネラルモーターズ(GM)は2019年6月14日、乗用車向けの新世代エアレスホイールテクノロジーである「ミシュランアプティス・プロトタイプ」を持続可能なモビリティのサミット「Movin’On 2019」で公開したと発表した。乗用車向けモデルを2024年に一般市場に投入する予定だ。

アプティス・プロトタイプの特徴は、エアレスであるためタイヤのパンクによる危険性がないことだ。車両のダウンタイムの最小化によりメンテナンス負荷を軽減、稼働率を向上させている。また、交換用タイヤやスペアタイヤ製造のための原材料の使用量を削減することで、環境保全の効果も高めている。

アプティス・プロトタイプは2017年に発表したVisionコンセプトの実用化への第一歩であり、持続可能なモビリティ社会への貢献というミシュランの使命を具現化するものだ。Visionコンセプトの1つであるエアレスタイヤを実現し、画期的な構造や複合材料およびホイールアセンブリーにより、運転上のリスクであるタイヤのパンクや破裂などを取り除くことができるという。

ミシュランとGMは、アプティス・プロトタイプを共同研究開発し、早ければ2024年に乗用車向けモデルを発売する予定だ。両社はまず「シボレー・ボルト EV」などの実験車両にアプティスを装着し、実証実験を実施するとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る