世界最高水準の高効率太陽電池を搭載した電動車の公道走行実証を開始 トヨタなど

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタが2019年7月4日、NEDO、シャープと共同で、高効率太陽電池を電動車に搭載し、EV航続距離や燃費向上効果の検証を目的とした、公道走行実証を同年7月下旬から開始すると発表した。

シャープは世界最高水準となる変換効率34%以上の高効率太陽電池セルを車載用にモジュール化して太陽電池パネルを製作。トヨタは「プリウスPHV」のルーフやフード、バックドアなどに同パネルを搭載し、定格発電電力を約860Wまで高めた公道走行用実証車を製作した。

複数の太陽電池セルにより構成された太陽電池パネル(バックドア部)

太陽電池セルは、約0.03mmの薄いフィルム状で、自動車のルーフやフード、バックドアなどの限られた設置面積においても、曲面形状に沿って効率よく搭載できる。同実証車では、定格発電電力は市販のプリウスPHVと比べて約4.8倍の約860Wを実現した。

太陽電池パネルを搭載した「プリウスPHV」実証車

さらに、プリウスPHVでは駐車中にのみ行っていた駆動用バッテリーへの充電を、実証車では走行中にも行えるシステムを採用したことで、EV航続距離や燃費の大幅向上が見込まれる。

トヨタは、愛知県豊田市や東京都などにおいて、さまざまな走行条件下で走行実証を行い、太陽電池パネルの発電量や駆動用バッテリーへの充電量などのデータを検証する。

実証データの一部は3者で共有し、NEDOが主催する「太陽光発電システム搭載自動車検討委員会」などで、CO2削減効果をはじめ、充電回数低減などの利便性向上効果などを評価。運輸部門を含めた太陽電池パネルの新規市場創出とエネルギー/環境問題解決への研究技術開発を進めるとしている。

なお、実証車は2019年7月10日から12日までパシフィコ横浜で開催される「第14回再生可能エネルギー世界展示会」のNEDOブース内で展示される。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る