凸版印刷、高輝度/長時間残光の屋外用蓄光シートを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

凸版印刷は2017年3月28日、同社の防災/減災用蓄光フィルムシート「LUMITOP(ルミトップ)」シリーズの新製品として、高輝度で長時間の残光性能を持つ蓄光シートを開発したと発表した。2017年6月から販売を開始する。

夜間に被災し、電力供給が絶たれた場合の屋外での避難誘導の安全性確保に関しての対策が求められてきたが、従来の金属板を利用した蓄光看板では、重量が重かったり加工適正が劣っていたりといった課題があった。

同製品は、太陽光や屋内光などの光エネルギーを蓄えることで、暗闇で青緑色に自己発光する蓄光シートだ。青緑色に発光するために視認性も高く、同社によると屋外向けでは国内最高水準の高輝度/長時間の残光性能を持つという。屋外向けの津波避難誘導標識システム規格である「JIS Z 9097:2014 II類」にも準拠している。

基材のフィルムに蓄光材料をコーティングする製造方法を採用。キセノンランプで60分間照射すると、12時間後に10mcd/m²を超える残光性能を実現した。シート形状のために加工適正も高く、曲面への適用も容易だ。さらに同社独自のコーティング技術と材料設計により、高い耐水性と耐候性も持つ。

同社では、屋外向けの避難誘導標識を始め、夜間照明がない場所での安全表示など防災や防犯/安全対策向けに販売する。2020年にLUMITOPシリーズ全体で約20億円の売上を目指すという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る