機電一体型eアクスル搭載のEV試験車両を開発――パワートレイン専門メーカーのユニバンスと電気自動車メーカーのGLMが協業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車両フロントへ搭載のeアクスル

パワートレイン専門メーカーのユニバンスは2019年7月10日、電気自動車メーカーのGLMと協業し、機電一体型eアクスルを搭載したEV試験車両を開発したと発表した。

今回開発した機電一体型eアクスルは、ユニバンスのコア技術であるギヤボックスと2基の機電一体型モーターで構成される。2つのモーター出力と2系列のギヤ配列により4つの走行モードを実現し、モードは自動的に2つのクラッチでシームレスに切り換えられる。また、走行モードは、車両の走行状態に応じて自動で選択されるため、低電費で高い走行性能を実現可能だ。そのほか、エネルギー回収の大きさが異なる2種類の回生モードも搭載している。

また、そのユニット構造は、扁平で左右対称なため、車両左右中央へ搭載することで車両の低重心化が可能だ。さらに、等長ドライブシャフトの採用や、中間サポートベアリング不要といった車両側のメリットも考えられる。また、コンパクトなため、多様な車両レイアウトへの対応が可能だ。

ユニバンス開発のeアクスル

一方、EV試験車両は、GLMの第1世代プラットフォームをベースに、四輪駆動EVとして前後に今回開発したeアクスルをそれぞれ配置。内燃機関HEV車向けの電気式4WDシステムとしての性能、前輪駆動EVとしての性能、後輪駆動EVとしての性能、四輪駆動EVとしての性能の4つを評価する。なお、欧州で拡大が予想される48Vの電動パワートレインのポテンシャルの検証も考慮し、あえて低出力の48Vシステムで構築している。

EV試験車両

走行試験は今年8月より開始し、2025年までに国内外の自動車/自動車部品メーカーでの量産採用を目指すという。なお、この試験車両は、7月17日から開催される「人とくるまのテクノロジー展2019名古屋」にて展示する予定だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る