1962年型ワーゲンバスを現代風に――最新技術を搭載したEVマイクロバス「Type 20」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Volkswagenは、同社のシリコンバレーの研究施設を拡張し、同地における20年以上の研究活動を記念して電動マクロバスのコンセプトカー「Type 20」を公開した。

Type 20は、北米で「Volkswagen Type 2」と呼ばれ、日本では「ワーゲンバス」の名で知られている同社の1962年型T1マイクロバスをベースに作り上げた電気自動車だ。

Type 20は、60年代の外観をそのままに、パワートレインには完全なBEV(電池駆動車用)ドライブトレインを採用し、10kWhのバッテリー、2500Wの充電器、120hpのモーター、それにポルシェが設計したアクティブ油圧サスペンションを搭載している。

加えてその車内は、様々な実験的技術に溢れている。運転手側の窓に組み込まれた広角カメラを使ったリアルタイム顔認証システムによる生体認証乗車、前方外側、運転席、後方乗客席の3か所にマイクを配置した会話型デジタルアシスタント、3Dメガネの必要のないホログラフによる情報サービスなどを搭載している。

Type 20は、拡張された同社の研究施設「イノベーションエンジニアリング・カリフォルニアセンター(IECC)」に展示される。IECCの上級副社長Nikolai Reimer氏は、「Type 20は、当社がどのようにして当社の遺産を生かしながら、技術を進歩させようとしているかを示す素晴らしい例だ」と述べている。

尚、VolkswagenはType2のレトロイメージを継承する市販モデル「I.D. BUZZ CARGO」を開発中で、2022年にヨーロッパ市場へ投入される見込みだ。

関連リンク

VOLKSWAGEN EXPANDS SILICON VALLEY EXPERTISE WITH NEW IECC, MARKS 20 YEARS OF INNOVATION WITH ‘TYPE 20’ CONCEPT VEHICLE

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る