耐腐食性と接着性を併せ持つ接着剤を開発――金属や樹脂に良好な接着性、メッキレスで金属の腐食を抑制 ユニチカ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

耐腐食性比較テスト

ユニチカは2019年8月19日、耐腐食性と接着性の双方の特性を併せ持つポリエステル樹脂接着剤を開発したと発表した。

近年、自動車や通信端末分野における電子部品の小型化に対応できる強力な接着力と、屋外などでの過酷な環境下でも使用可能な耐腐食性を両立できる材料が求められている。

今回ユニチカは、これまで培ってきたポリエステル樹脂設計技術やワニス調合技術、量産製造技術を生かして接着性と耐腐食性が両立する接着剤を開発した。開発した製品は、同社の飽和共重合ポリエステル樹脂「エリーテル」の耐腐食性グレードとしてラインアップに追加される。

この接着剤は、銅やアルミニウム、ステンレス鋼などの金属や、PET、ポリ塩化ビニル、ポリカーボネートなどの樹脂フィルムに対して有効で、高い接着性を示す。また、金属の腐食も抑制し、一般的に必要な防錆用のメッキ処理が不要になる。

塩水噴霧後の接着性や耐腐食性を、従来品と比較テストした結果、いずれも従来品より優れた性質を維持することを確認した。

ユニチカでは現在、この接着剤を使用したフレキシブルフラットケーブルの量産化を検討しているという。今後は、より多くの需要を取り込むことで、2021年度にこの接着剤の売上高1億円を目指すという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る