ミリ波レーダーと画像センサーで安全性能を向上させる「Global Safety Package 3」がトヨタ車などに採用 デンソー

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デンソーは2022年1月14日、画像センサーなどで車両の周辺環境を把握し、安全性能の向上に寄与する先進運転支援システム「Global Safety Package 3」を開発し、日野自動車やトヨタの車両などで採用が広がっていると発表した。

Global Safety Packageは、車両や道路などの形状を検知するミリ波レーダーと、カメラで前方環境を検知する画像センサーを組み合わせて運転中の危険を察知するシステム。今回の製品は3世代目となり、予防安全や運転支援機能の拡大と、小型化、低コスト化の両立をコンセプトに開発された。

新製品ではミリ波レーダーのアンテナ設計を改善し、電波伝送の効率化などによって検知角度と距離を拡大。電波伝送の変調時間を増加し、速度分解能を向上させた。また、画像センサーは高感度高画素イメージャーを採用し、検知可能な水平画角および距離を拡大。AI技術を生かし、画像データから走行可能エリア、先行車両、立体物、標識などを高性能に検知できるようにした。

こうした改良によって、交差点での右折時に前方から来る直進車や、右左折時に接近する横断歩行者との衝突回避を支援。AI技術によって認識性能が向上したため、車間距離の維持や交通標識の認識などを支援する機能の拡大に貢献する。

Global Safety Package 3は、2021年8月に発売された日野自動車のトラック「日野レンジャー」や同年10月に発売されたトヨタのSUV「レクサスNX」、2022年1月に発売されたトヨタのミニバン「ノア」「ヴォクシー」などで採用された。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る